吉村翠章

プロフィール
 

■吉村翠章(吉村流師範名取)
 東京都出身。幼少より日本舞踊(藤間流)の稽古に通う。
 学生の頃から日本の伝統芸能と海外の演劇に親しみ、社会人となってから、演劇関係の仕事に従事する。
 同時に、長らく親しんでいた日本舞踊から上方舞の吉村流に転じ、現在の六世家元、吉村輝章師に師事する。
 師の指導のもとで師範名取りとなり、現在に至る。日本演劇協会会員。
    
    ★初舞台は小学一年生でした。日本舞踊の『羽根の禿』。白黒写真です!
      
 

  ■最近の舞台写真より 
      ●2018年5月3日 『名寄の寿』(清元)
                       
                  
                                                                       
                                                                             ● 2017年10月22日 『雪』  (地唄)                                                
   
●2017年4月9日、「寿」(地唄)
●2017年4月9日、『浪花十二月』(地唄)


2015年12月20日、『一人椀久』(長唄) 

      
        ●2015年10月18日、『小簾の戸』(地唄)
                  




          2015年5月9日、『山姥』(地唄)


       ●2014年12月7日、『都見物左衛門』(一中節) 


       2013年12月8日、『珠取海士』(地唄)


           ●2013年9月23日、『越後獅子』(地唄)


       2013年7月7日、『鉄輪』(地唄)



 ■過去の舞台写真 右上から時計回りに
   『鐘ヶ岬』(地唄)、『京の四季』と『十日戎』(上方唄)、『新曲浦島』(長唄)、
   『江戸土産』(地唄)、『雪』(地唄)、『浪花十二月』(地唄)
吉村翠章・浪花十二月 吉村翠章
吉村翠章 吉村翠章
吉村翠章・江戸土産 吉村翠章